女性税理士田中久代blog
by tanaka-tax
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
源泉徴収税の『納付の特例』制度を利用している方の納期は、7月10です
源泉税の納付は、お済ですか?
源泉所得税は、原則、給料などを支払った月の翌月10日までに納付書を添えて、金融機関で納付します。(10日が土曜日・日曜日・祝日等に当たる場合には、その翌日若しくは翌々日が納期限となります。)
事業専従者や使用人の合計が10人未満のときは、、『源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書』を提出することにより「納期の特例」制度を利用することが可能です。毎月の給与等から天引きした源泉所得税の納期限は、1月~6月に支払った分については、7月10日 ・ 7月~12月に支払った分については、翌年1月10日(納期の特例の特例を使うと1月20日まで延長されます。)となり、年に2回の納付で済むことになります。納期の特例の特例は、『納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書』を提出することにより受けられます。
※納付税額が0であったとしても、納付書は税務署に提出しなければなりません。ご注意ください。

[PR]

by tanaka-tax | 2007-07-04 23:48 | 個人の税tips
<< 特定非営利活動に関する会計とそ... 薬剤師の豊田良夫様から健康の話... >>