女性税理士田中久代blog
by tanaka-tax
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:NPO会計( 5 )

「NPOで何かしてみたい」と思う人へ  3
団体の目的・活動の理念が明確であっても、資金難・人材不足・経営に関する経験不足などのため、設立後の運営面で苦労をされる団体が多々見受けられます。
「任意団体として活動していく場合」「NPO法人として活動していく場合」も、日々の現金管理・経理処理(現預金の管理・帳簿の記帳・証憑書類の管理・給与計算など)は必要となってきます。一定の目的のために集まって活動をしても、収支もわからないような団体であれば人は離れていきますよね。帳簿付け、現金管理は基本項目です。
運営面で不安をお持ちの方は、下記の施設にご相談されることをお勧めいたします。
   京都府    滋賀県      淡海ネットワ-クセンタ-
   大阪NPO情報ネット   京都市市民活動総合センタ-
   NPO法人「NPO会計税務研究協会」   田中久代税理士事務所 
[PR]

by tanaka-tax | 2007-08-15 06:09 | NPO会計
「NPOで何かしてみたい」と思う人へ  2
「NPO法人格って本当に必要でしょうか?」
では、様々な社会の問題を解決することを目的とし自発的に活動するために「法人格をとるメリット」があるかどうかを考えてみましょう。
  
  NPO法人・・・・ 法人格を取得しているので、契約の主体となれる。
            所轄庁への報告・書類の設置が義務付けられる。
            税務申告・社会保険加入といった実務処理や金銭的負担が生じる。

  任意の団体・・・法人格が無いので、全ての契約は代表者個人が行うことになる。
            情報公開は任意。公開は必要であるが、所轄庁への報告は不要。
            収益事業を行っていない場合、税務申告は不要。

『法人格を取得する事が、武器になるのか・重荷になるのか』をそれぞれの団体でよく考えてみてください。これは、起業をする人が『事業形態を個人事業者とするのか・法人登記をするのか』を考える場合も同じです。
[PR]

by tanaka-tax | 2007-08-14 10:00 | NPO会計
「NPOで何かしてみたい」と思う人へ  1
お盆休みの会社が多いため電話や打合せが少ないので、今週は頑張ってブログを書くことにしました。まず、NPOについて、数回に分けて説明をしていこうと思います。
NPOは、様々な社会の問題(福祉・街づくり・教育・環境など)を考え、その解決をミッションに掲げ、公益・非営利で活動する組織です。
非営利=営利を目的としない 組織ですが、決して『儲けてはいけない』ということではありません。『稼いだお金(剰余金や利益)を組織の内部の人間に分配してはいけない』というだけで、組織の活動を維持していくためには稼がなくてはなりません。
どんなに理想を掲げても、持ち出しばかりでは続きませんよね。
   参考 内閣府NPOホ-ムペ-ジ
[PR]

by tanaka-tax | 2007-08-13 00:54 | NPO会計
特定非営利活動に関する会計とその他の事業に関する会計の区分経理
NPOの会計や税務について困られた場合は、田中久代税理士事務所までお問合せください。
NPO法人は、日々の取引を正規の簿記の原則に従って会計簿に記帳し、財産目録・貸借対照表・収支計算書を作成し報告しなければなりません。
特定非営利活動に関する会計とその他の事業に関する会計は、区分経理をする必要があります。法人税法に定める収益事業から生じる所得については、NPO法人にも課税がされます。給与や賃金・報酬や料金等を支払う場合には、源泉徴収を行い国に納付しなければなりません。
【NPO法】         【法人税法】          【消費税法】
1.特定非営利活動 →  非収益事業          課税対象取引全て
                収益事業(課税対象)   に消費税がかかります
                                法人税法に規定する
2.その他の事業   →  非収益事業         収益事業以外の事業
                収益事業(課税対象)   にも消費税は生じます
[PR]

by tanaka-tax | 2007-07-08 00:53 | NPO会計
NPO法人の会計 ①
NPO法人の会計書類
 NPO法人の会計は、①法人の活動に関する財政計画を社員の総意に従って定める ②法人の財産の動きのすべて明瞭に記載する ③活動結果を社員や外部に正確に説明する という機能を果たします。
 
 ① 計画に関する書類(事業年度開始前)・・・収支予算書・事業計画書
 ② 日々の取引に関する記帳(期中)・・・・・・・会計簿
 ③ 実績に関する書類(事業年度終了後)・・・収支計算書・事業報告書
                             貸借対照表・財産目録
[PR]

by tanaka-tax | 2007-06-27 23:59 | NPO会計