女性税理士田中久代blog
by tanaka-tax
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
源泉所得税の納期期限と納期の特例
会社や個人事業者が、人を雇ってアルバイト代や給与を支払ったり、税理士・社会保険労務士・弁護士等に報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度、所得税を徴収することになっています。
支払額から差し引いた所得税は、原則として支払日の翌月10日までに国に納付(金融機関で納付できます。)しなければなりません。
ただし、給与等の支給人員が常時9人以下の場合は、源泉徴収した所得税を半年分まとめて納付することができる納期の特例という制度があります。
納期の特例の承認を受けた者は、平成20年1月から6月までに徴収した所得税は、平成20年7月10日(木)までに納付してください。

  給与計算・源泉徴収に関するご相談は、田中久代税理士事務所まで。
[PR]

by tanaka-tax | 2008-06-27 13:17 | 税務tips
<< ラベルベーヌ(La Verve... 2008年サミット外相会議 >>